導入事例

健康TV導入で、人材の適材適所活用と人件費削減が実現

社会福祉法人ときわ会 様
有料老人ホーム「マザーヒルズ」では、ご入居様に運動機会を提供するために健幸TVを導入。火曜日〜土曜日まで、10時〜の生配信枠を利用し、約20名前後のご入居様が、毎日、健幸TVを使って運動を行なっている。
健幸TV導入前は、ご入居様への運動やレクリエーションの提供は、介護職員が担当し、それぞれがその内容を考えていた。しかし、無資格の介護職員もいるため、その内容を考えること自体がストレスに感じる職員も多かった。また、運動を苦手とする職員も多かったため、内容自体も、運動ではなく、「折り紙」など座って出来るものに偏ってしまっていた。
健幸TVを導入することにより、そのレクリエーションを考えるストレスが軽減した。また、ヨガや太極拳など現状の職員では提供出来ないプログラムが健幸TVのコンテンツには多いため、ご入居様により魅力的な運動を提供できるようになったため、入居者がより積極的に運動に取り組むようになった。
更に人員削減の効果も導入後に感じた。これまでは、運動を提供するためには、運動をご入居様の前で行う職員(見本役)が1人と、各ご入居様への声かけをする職員(フォロー役)が1人と、最低2名はその運動提供に人員を割かなければならなかった。それが、健幸TVの画面越しのインストラクターが運動の見本役になるため、その映像を見ながら声かけをする職員1名だけの配置で、ご入居様に運動を提供することが可能になった。
健幸TVは、介護職員の日々のレクリエーションを考えることへのストレス軽減、レクリエーション時の人員削減効果が見込める。

キャンペーン中
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ
キャンペーンコンテンツ